コレ楽し♪手洗いで感染予防、うたって注意点も覚えちゃおう!


気温が低下とともに冬の病気の心配、悩ましいです。
まずは手洗いなので、分かっていることから徹底します。

手洗いが感染予防の一番の方法

冬から春にかけて、次から次へと体調不良の原因を拾ってきます。
手洗い、保湿、免疫力アップと気にかかることがたくさんありますが・・・。

予防の一番効果的な方法としては、やはり手洗いのようです。
様々なところに触れるため、多くの菌をつけてしまうもの。

手を洗う前から比べると、
水で濡らすと菌は増え、
水で手を洗うと半分近くまで菌は減り、
石けんで洗うと概ねきれいになるそうです。

ノロ、インフルエンザ・・・何の菌にしろ、予防はここからですね。

手洗いのうた

子どもが保健の先生から教わってきたうたです。
『あわあわ手あらいの歌』

帰ってくると、さっそく歌いながらの手洗いです。
洗面所でぶつぶつ歌って洗っているのが、なんとも微笑ましいです。

そして、お見事!!

 手のひら
 手の甲
 指の間
 爪
 親指
 手首
 10秒すすぎ
 タオル拭き取り

推奨されている15秒以上の手洗いが楽しく終了~♪

うわぁ、注意お小言を言わなくても良いことになりました。
帰ってきたら、ごはん前に、ちょこっと口ずさめば・・・
「あっ♪」って“手洗いうた”をしに向かいますから。
簡単、簡単、大助かり。せめて一冬、飽きない事を祈ってます。

『あわあわ手あらいの歌』の
花王「ビオレu」ハンドソープのサイトには、
詳しい歌詞やうごく絵本、ポスター、楽譜までありました。

1歳くらいからでも、手洗い習慣を教えることが楽しく出来そう。


手洗いの注意点いろいろ

手洗いは、手を拭くところまでで完了です。
清潔なタオルやペーパーで菌を拭き取ることになるからです。
拭かない濡れた手は、菌を増殖、運搬してしまいます。

一度湿ったタオルは、長時間放置すると細菌が増殖し、残っているそう。
タオルは一見汚れていないように見えても、
「湿ったら取り替える」のが望ましいです。
毎日取り替えは基本です。
洗面所は、2枚以上必要ですね。

手洗いのタイミングは、
   ・帰宅時
   ・人ごみから出たあと
   ・咳やくしゃみを手で押さえたあと
   ・食事の前
   ・食品を取り扱うとき
   ・トイレのあと
などを目安に。

手指消毒アルコールは、
単独でも効果があり、流水と石鹸による手洗いの後に使用すると、より効果的。
手洗い場がなくて洗浄できない時や、特に清潔にしたい時に便利です。

気をつけたいのは、外部刺激から守るバリア機能の役目も担っている、
肌の表面の常在菌まで退治してしまうほどの行為です。

過度な洗いすぎは、必要な菌をなくしたりして、
アレルギーの原因や病気と闘う力も失ってしまうかもしれません。
ポイントを決めて取り組むのが大切そうです。

おわりに

兎にも角にも、うたう手洗い子熊ちゃんたちはかわいいです。
いつまで続くかは分かりませんが・・・。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

赤ちゃん・幼児の鼻水、鼻づまりの悩み対処、鼻水吸引器があると…
子どものニキビの治し方 小学生なので皮膚科やお手入れで悪化を防ぐ
あると重宝、ティートゥリーで粉瘤や色々なかゆみのトラブルを殺菌
指先のささくれ、ガサガサ乾燥手荒れに見つけた対策は食べ物にある?
手荒れの指先への対策や体質改善、とりあえず習慣化してみよう!メモ
爪が剥がれたときの処置や痛みの軽減する保護の仕方や再生までの様子
あせものかゆみ・炎症を鎮めて、保湿!素早く対処の解決法
コンタクトレンズ初めての流れとかかった時間 子供の入らない苦戦話
ツルムラサキの栄養や効能と食べ方や保存など家族の健康メモ
子供がお口ぽか~んと開くクセ、原因や治す簡単トレーニングのメモ
チョコレートを食べる量25gはどのくらい?カカオポリフェノール量は
包丁で指を切って血が止まらない!病院に行くまえと行ったあとの対処
風邪の鼻づまりや喉の痛み、咳がとまらないを楽にする方法は・・・
子供の嘔吐の原因いろいろ、ケア・対処法や処理の心がけ我が家流
子どもの紫外線対策、目や、服装から

Menu

HOME

TOP