洞窟と鍾乳洞の観光から洞窟探検(ケイビング)、自由研究まで!


子供がわくわくドキドキ・・・
暑い時期のお出かけに嬉しい、天然のひんやり涼しい空間、
神秘的な不思議世界、鍾乳洞について。

洞窟かな?鍾乳洞かな?

洞窟は、地中にある、ある程度以上の大きさの空間で、
人間が入るサイズ以上のもの。
トンネルのような横穴や、井戸みたいに穴が開いている縦穴(竪穴)などがあります。

入り口は日光が差し込んだりしますが、奥は暗黒の世界(一部を除いて)。
中の気温は一般に洞窟がある外部の平均気温と比べ、夏は涼しく・冬は暖かいという温度差が顕著に実感できます。
湿度が高く、水が湧き出る泉の奥や海面下にも水中洞窟などが存在したりします。

自然にできた鍾乳洞(しょうにゅうどう)又は石灰洞(せっかいどう)は、
石灰岩が地表水、地下水などによって侵食(溶食)されてでできた洞窟で、
ふつう石灰岩地帯に存在します。
鍾乳洞が洞窟内に生じた鍾乳石などの洞窟生成物(二次生成物)に視点をおいた呼び方で、
石灰洞は洞窟を生み出している地質的な母岩の種類に視点をおいた呼び方です。

つまり鍾乳洞は、洞窟の一種。

☆鍾乳洞の出来方をかんたんお勉強ができるサイトです→http://www.doukutu.co.jp/sc2.html


洞窟を観光しよう!

危険で立ち入りが禁止されているモノも含め、日本には鍾乳洞が1600か所以上存在するそう。
ファミリー向けお出掛け候補を探すなら、
「安全・安心・楽しい」今すぐにでも行けるスポットの紹介が参考になります。

家族でカップルで、ソロでも
楽しめる全国洞窟スポット大全→http://www.go-cave.com/

さらに、もっとマニアックな洞窟を探せる紹介ページもありました。
リアル感ばっちりで、
見ているだけでも面白いです。
ふしぎ~な図鑑感覚で子供と見とれてしまいます・・・。

洞窟どっとこむ→http://www.doukutsu.com/

洞窟探検・ケイビングにいってみる?

さてさて、洞窟にどんどん魅了されていくうちに、
どろんこになって探検だっ!・・・となってしまったら、
洞窟探検=ケイビングをガイドさん付きで気軽に体験できるようです。

ケイビング・プロガイド団体Ciao!(ちゃお!)→http://www.genkijin.jp/ciao/

そとあそびが紹介する「ケイビング・洞窟探検」の体験ツアー→http://sotoasobi.net/activity/caving

季節にもよりますが、装備はほぼレンタルでき、
初心者でもペースを合わせてガイドしていただけるようなので、
少々体力不審でも?気後れすることなく?思い立ったら、GO!で行けそうです。

おわりに

洞窟、鍾乳洞、種類も楽しみ方も色々です。
地質の成り立ちや、携わってきた歴史のことやら、膨大に広がります。
これは体験もさることながら、子どもの自由研究にももってこい!ですね。

☆じゃらんで探す~遊び・体験の予約も!☆

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

浜松の遊びは体験スポットだらけ!!子どもから大人まで経験値アップ②
やなでつかみ取りに心躍る愛知・川遊びやバーベキューも!!
三河大島の海水浴場は目の前バーベキュー!船の時間ぎりぎりまで遊ぶ!
栗きんとんの季節すや西木 榧 岐阜県中津川市へ栗しるこを食べに?
noimage
竹馬の乗り方とコツを知って、練習も、作り方も楽しい遊びに!
ウッドアドベンチャー郡上と巨大迷路の感想、森の空中散歩のスリル…
愛知の海水浴場&バーベキューのスポットのメモ
“名前のない池”“モネの池”岐阜県関市の寄り道、癒しの清らかさ
小幡緑地公園 西園は遊具と自然で子どもに人気 駐車場の混雑は?
浜名湖ガーデンパークは入場料・駐車場無料で花もイベントも水遊びも
西尾市ふれあい広場 ホワイトウェイブ21のプールの休日
足助の川でバーベキュー、コテージで星空!体験がいっぱい香嵐渓
竹馬の作り方、竹ぽっくりの遊び方、のちょこっとメモ
手持ち花火を楽しめる場所と遊び方、保管方法のメモ

Menu

HOME

TOP