お弁当を腐らせない調理方法・保冷と保温・便利グッズのメモ

行楽シーズン、新学期、新生活、と、お弁当を作る機会が
多くなります。

メニューも悩ましいですが、一番大切な事は、
腐らせないように安全な状態で食べられる事。

今一度、確認してみようと思いました。

お弁当を腐らせない調理方法のポイント

◎菌を殺す

必ず火を入れる(熱を通す)。

・前日のおかずを使うときには、もう一度火を入れる。

・冷凍食品の揚げ物などは、電子レンジで規定時間チンしてから
さらにオーブントースターで2、3分焼いてカラッとさせる。

・揚げ物は当日揚げるのがベストだけれど、
 前日のものであれば、電子レンジ、トースターで温めなおす。
 油取り紙を敷いて出来るだけ、油分を取り除いて、
 油の酸化によるいたみを防ぐ。

NG!!・・・手作りポテトサラダ(マヨネーズ)・ 生のちくわ・
      生のチーズ・生のウインナー・生のハム・生のシーチキン・マヨネーズ等

・わさびや生姜、梅干など、殺菌・抗菌効果のある食材を使用する。
 ※減塩やかりかりの梅は効果減、また、全体にまぶした方が効果大。

・ごはんを炊くとき、お酢をほんの少しいれるといたみにくい。

◎菌を増やさない

・よく冷ましてから詰める

・食中毒菌は水分が多いほど繁殖しやすいため、
 お弁当に入れる食材は、水分の少ないものを選ぶか、
 濃いめの味付けで、煮物などの汁気はからいりして
 出来るだけ乾いた状態に。

NG!!・・・生のきゅうり&トマト・キャベツの千切り・
      ホウレンソウのおひたし等

◎菌を付けない

清潔な環境で作業する。

・ゴムパッキンや蓋の溝にも気を付けて、お弁当箱を洗う。

・調理器具の洗い方、手洗いの徹底。

・ラップを活用したおにぎり。


お弁当の保冷と保温の工夫

・保冷バッグに・・・
 +保冷剤

 +凍らせたプチゼリー

 +凍らせたペットボトルのお茶
 
 +凍らせてジップロックに入れたおしぼり

の組み合わせでより温度をあげない工夫になります。

・凍らせて自然解凍させて食べるもの(冷凍食品、サンドイッチなど)は、
急いでいる朝も便利です。

お弁当の便利グッズ

お弁当の上にのせておくだけの腐らせないために防腐フィルムや、
中身に気を遣わなくていい真空にできるお弁当箱は、便利です。

ワックスペーパーなども、すっきりしきりに使えたり、
手づかみで食べるチキンやコロッケ、サンドイッチなど用途が多くて重宝です。

おわりに

お弁当作り、達人になれるのは、いつのことやらですが・・・。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

七変化!!マシュマロ手作りレシピ面白い!!で美肌も期待?
旬のスダチを大量に頂いたときの保存方法、果汁も皮も栄養も無駄なく
つわぶきの皮むきとアク抜きの方法・食べ方のあれこれ
グリーンピースとうすいえんどうの違い・苦手でもOKレシピと栄養
人参の葉の食べ方や保存法、栄養・効能のメモ
栗の保存と皮むき、食べ方や栄養のメモ、栗三昧で秋を満喫!
すももの皮のむき方と栄養とレシピのメモ
つくし採りのシーズンと食べ方・栄養・効能のメモ
プレーンヨーグルトの美味しい食べ方 極簡単レシピで冷凍スイーツ
じゃがいもの保存が大量!!の時のために、保存する期間や場所のメモ
NHKあさイチのハイカカオチョコレート代謝効果いつ食べるんだっけ?
タラの芽(たらの芽)の下ごしらえ、レシピ、栄養のメモ
ホームパーティー 簡単スピーディー!子供と準備のお菓子とおつまみ
新米ママへ手土産・差し入れで応援・励ましの気持ちをお届けできる?
ふきのとうのアク抜きや下ごしらえ、食べ方、栄養・効能 メモ

Menu

HOME

TOP