子供がお口ぽか~んと開くクセ、原因や治す簡単トレーニングのメモ


子供のお口ぽか~んってかわいいのですが、
良くないのだろうなあ。
・・・と思っているうちに、どんどん成長していってしまいます。
気になったら、向き合ってみる時かも。

子供の口を開くクセが招くこと

鼻呼吸(空気のほこり取り、適度な湿度調整機能)でなく、口呼吸になりやすい。   
    ↓
乾燥した冷たい空気が、直接のどや肺など体内に送り込まれたり、いびきによる睡眠不足。
    ↓
口腔内や喉が乾燥、細菌が直接侵入して粘膜に炎症、酸素の取り込みが不足する。
    ↓
白血球やリンパ球の異常、免疫に作用
    ↓
風邪やインフルエンザなどの感染
アトピーやアレルギー、肌荒れ
口臭、虫歯
集中力・記憶力・思考力の低下
酸素不足で脂肪が燃焼しにくい

口を開く原因

・姿勢が悪い
顎を突き出し、背中を丸めている

・鼻が詰まっている。
慢性的なアレルギー性鼻炎、蓄膿、鼻の骨の奇形、肥満などで鼻の通りが良くない。

・歯並びで舌の位置が悪くて口をあいてしまう

・顎の発達が悪く噛み合わせが悪い

・顎の筋肉の発達が悪く口を閉じる力が弱い

・口を閉じる力が低下すると、口呼吸や舌の沈下をまねく

口を開くクセを治すには?

・背筋を伸ばして顎を引く
・正しい姿勢が身につく生活習慣に
・固い物なども噛むような食事にする
・ガム(キシリトール)で噛む力をアップ
・表情筋を鍛えるマウスピースでトレーニング
・はっきりした発音、発声を心がける
・横隔膜を鍛える
・呼吸法を身につける

・いびき対策☆舌の筋トレ あいうべ体操

一日10回×3セットを実行している小学校でインフルエンザの激減に成功など、感染予防に効果的な方法です。
口周りの筋肉に作用し、舌が上あごにつく定位置に安定、あたたかい空気を送り込めるようになり、唾液の分泌も促され、たるみにも滑舌の良さにもと、良い事がたくさん。

おわりに

お口ぽか~んと開くのは、色々な面において直したいところ。
口呼吸をやめさせ鼻呼吸ができるように、
またアンチエイジングにも良いので、家族で一緒に改善に取り組むと良さそうです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

NHKあさイチのハイカカオチョコレート代謝効果いつ食べるんだっけ?
イボで子供が液体窒素の治療、完治と防止のメモ
風邪の鼻づまりや喉の痛み、咳がとまらないを楽にする方法は・・・
ホップの健康効果に注目 栽培やホップを使った料理、アロマのメモ
赤ちゃん・幼児の鼻水、鼻づまりの悩み対処、鼻水吸引器があると…
耳のしこりはアテローム?肉芽腫?軟骨にできると・・・?
子どもの紫外線対策、目や、服装から
手荒れの指先への対策や体質改善、とりあえず習慣化してみよう!メモ
日焼けを予防するグッズと 日焼け後の対策、治す食べ物をチェック!
包丁で指を切って血が止まらない!病院に行くまえと行ったあとの対処
子供の嘔吐の原因いろいろ、ケア・対処法や処理の心がけ我が家流
コレ楽し♪手洗いで感染予防、うたって注意点も覚えちゃおう!
チョコレートを食べる量25gはどのくらい?カカオポリフェノール量は
視力回復 子供でも簡単トレーニングと生活の注意で改善を
ツルムラサキの栄養や効能と食べ方や保存など家族の健康メモ

Menu

HOME

TOP