小幡緑地公園 西園は遊具と自然で子どもに人気 駐車場の混雑は?


小幡緑地公園 西園は遊具が多く、自然も豊かで
小さな子どもにはとても人気の公園。
家族のお出掛けスポットとしてフル活用、
リーズナブルでハッピーな休日を。

小幡緑地公園 西園は遊具がいっぱい

小幡緑地公園 西園の南側の駐車場(入って左側)から、
芝生広場に下りていくスロープのような道があります。
その道を歩いていくと、大型複合遊具などのある幼児広場に着きます。


一番新しく設置された遊具は、あっちからもこっちからも、複雑に遊べるのでぜんぜん飽きません。
ここだけで終わる勢いです。


向かいにある遊具にも、行ったり来たりの多忙さ。



気が向いたらまたがってビョンビョンしている遊具。


おままごと用?にぴったりなかわいいテーブル&チェア



昔から定番の公園遊具……シンプルで楽しい。


さらに奥に歩いて行くと、広いテニスコートの横に管理棟があります。
横の階段も涼しい風が通って気持ちの良いスペース。
上っていくと、管理棟の入り口があります。

入り口に竹馬と、竹ぼっくりの貸し出しがあり、
混んでいる日は入れ代わり立ち代わり忙しく稼動。
入り口の左側にあるアイスの自販機もついつい手が伸びます。



管理棟の前が児童広場で、幅広のローラー滑り台などの遊具が人気の場所です。
思ったよりは滑りにくいので、慣れたら走って下りていく子も(ちょっと怖)。


ここに子どもが入ってグルグルしますが、引っかかり姿、かわいいです。


意味もワケもなく、大きな声で叫んでみる場所。


ここを上り下りするヨチヨチを見守る、ベンチが嬉しい。


ここはひたすらゆらゆらするところ。


西園のマップで確認


管理棟の下におりたところ、テニスコートの横にも小スペースで遊具があります。


野球場を越して、健康広場のそばにもう一つ、遊具があります。
周りは比較的静かな感じです。

小幡緑地公園 西園は自然がいっぱい


園内にはどんぐりの種類もいっぱいです。
期間内には、管理棟でどんぐり工作やどんぐりマップがあるのでチェックするのも楽しいです。


木陰が多くて、お散歩だけでも十分気分転換でき、
小さな子のお散歩も快適です。


幼児広場近くの芝生広場は、ピクニックスペースでシートや簡易テントを広げる家族で賑います。

小幡緑地公園 西園の駐車場やアクセス、食事は?


小幡緑地公園 西園の駐車場は、子どもにもスポーツ施設利用者にも人気のため、
気候の良い日の連休はとても混み、駐車スペースギリギリまで詰まって要注意な状態に。
でも、お昼過ぎ辺りから入れ替わりが出てきて夕方はとめることも可能になってきます。
東園(150台)の方が比較的とめやすいです。東園で遊んでから立ち寄ることも
一つの方法という時もあります。

西園188台
【北駐車場】普通車68台/身障者用3台
【南駐車場】普通車115台/身障者用2台
8:30〜19:30

小幡緑地公園 西園への
車でのアクセスは、
名二環経由
名古屋方面小幡ICから約2分
大阪方面松河戸ICから約5分

電車でのアクセスは、名鉄瀬戸線『小幡駅』下車、市バスもしくは北へ徒歩15分
バスなら市バス『小幡ヶ原』下車すると、スグ公園の階段があります。

小幡緑地公園 西園の食事は、
園内にお店はないのであらかじめお弁当などの用意をするか、
駐車場の前の道路を渡ると、スーパー(ナフコ)が
あるので食料品の調達はしやすいです。

おわりに

西園の管理棟で行われている 毎月第一土曜日のおもちゃ病院にも
子どもの心は魅かれるようで…。
小幡緑地公園 西園は子どもの思い出がいっぱいになる公園です。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

竹馬の乗り方とコツを知って、練習も、作り方も楽しい遊びに!
ちこり村の工場見学と営業時間 栗きんとん体験や自由研究のテーマも
アオリイカをエギングで釣る?時期と時間やポイントを愛知で探す
愛知の海水浴場&バーベキューのスポットのメモ
バーベキューの炭火の起こし方 、消し方、レシピのメモ
ガッタンゴーって飛騨の紅葉も温泉も込々に楽しめるスポットなんだ
ちこり村のアクセス お土産の試食が美味しくて通販のチェック!
竹馬の作り方、竹ぽっくりの遊び方、のちょこっとメモ
黄金色の町、祖父江町の銀杏祭り・ライトアップ2015・駐車場のメモ
足助の川でバーベキュー、コテージで星空!体験がいっぱい香嵐渓
半田運動公園バーベキュー、◎遊具、水遊び、スポーツで気分爽快!!
小幡緑地公園はこどものお出かけ定番 駐車場が広くアクセス便利
蓮の花の見頃や時間は?愛知、岐阜の名所が集まる木曽三川沿いお花見
手持ち花火を楽しめる場所と遊び方、保管方法のメモ
浜松の遊びは体験スポットだらけ!!子どもから大人まで経験値アップ②

Menu

HOME

TOP