旬のスダチを大量に頂いたときの保存方法、果汁も皮も栄養も無駄なく

スダチの旬の時期、お盆過ぎ頃から9月あたりに、
爽やかな良い香り、美しい深緑のスダチをたくさん頂きます。

この素敵な贈り物を満喫すべく、保存もスグに取りかからなくては♪

スダチを大量に頂いたときは冷凍保存

スダチに限らずですがまだまだ暑い時期でもあり、
ちょっと気を弛めるとあっという間に黄色く劣化させてしまうので、
習慣としては、スグ保存がベストです。

…というか我が家、ちょくちょく大量食材を頂けるので、
ウッカリ手が回らないととても勿体ないことになってしまいます。
食べ損なわないためには、まず冷凍と学びまして。。。

スダチがたくさん届いたときは、
まずおすそ分けをのぞいたのち、全部洗って水をきったら
キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

スグに食べる分をポリ袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫へ。

残りは、取り敢えず2分の1や4分の1くらいで切って
(絞り汁を出しやすいのは横半分に切る方とのこと)、
汁を絞ってジップロックに入れてシート状に凍らせます。

割りながら使用できる程度の厚さで冷凍
(写真は薄すぎ少なすぎなのでもう少し入れるつもり)。
使っているうちにべタついたりするので、
sサイズくらいで小さめの袋に小分けしたほうが良いと思います
(切らしていたので、写真はМサイズ)。

ザルで種を受けられるようにしておき、
絞るときはレモンなどと同様に切り口を上に、
皮を下にして皮の香り成分と一緒に
絞り汁が落ちるようにします。

絞った皮は使い道がたくさんあるので捨てたくないため…

時間があれば、
緑の部分をすりおろしてジップロックなどに
シート状にして冷凍します。

または、皮をこそぎ落して刻んで同じように
シート状態で保存します。

時間がないときは、
もうそのままでもいいや!状態で、
取り敢えず小袋に押し込み空気は抜いて、
冷凍しておきます。

更に時間がないときは、カットした状態で、
できるだけ空気を抜いて冷凍。

どうしようもないときは、まるごと冷凍でも大丈夫なので。

冷凍後のスダチの使い方

シート状に凍らせた絞り汁は・・・
小さくパキンっと割って熱々の焼き魚やお肉の上に
お刺身やお豆腐のお醤油やてんつゆに
蒸したエビや貝、カニなどに
お澄ましに
大根おろしに
茶碗蒸しに
炭酸飲料やお酒に

すりおろした皮や刻んだ皮のレシピは・・・
薬味として
味噌にプラス
塩こうじにプラス
塩にプラス
一味唐辛子にプラス
マヨネーズにプラス
ドレッシングにプラス
ごま油にプラス
すし飯にプラス
ちくわやかまぼこにプラス
おうどんやそうめんにプラス
てんぷらにプラス
しらす干しご飯にプラス
お吸い物にプラス
お豆腐にプラス
きのこ炒めにプラス
釜めしにプラス
アイスクリームにプラス
グラニテにプラス

甘く煮詰めるとジャムにもなり、
…思いつくままに使えるということです♪

カットして冷凍したものは、
1つずつ取り出して絞ったり刻んだりで
同じように使用できます。

絞った皮は、細かい網目のネットや
コーヒーフィルター、
お茶パックなどに入れ、
お風呂のお湯を張るときに浮かべて
リラックス時の癒しにも。


スダチの栄養

すだちの栄養成分は、
果汁にはクエン酸、ビタミンC、果糖が豊富に含まれていて、
胃腸の消化吸収を促します。
皮には、ビタミンA、カリウム、カルシウムも豊富。
皮に含まれているポリフェノールの一種が
脂質の代謝を改善し、体重増加を抑えてくれる効果も
見逃せません。

おわりに

すだちを楽しみに使う理由、
本当にたくさんあります。
冷凍庫から出してちょこっとずつ使うとき、
保存の有難さ、プチ幸福感あり・・・おススメです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

プレーンヨーグルトの美味しい食べ方 極簡単レシピで冷凍スイーツ
すももの皮のむき方と栄養とレシピのメモ
七変化!!マシュマロ手作りレシピ面白い!!で美肌も期待?
わらびのあく抜き・保存とレシピ・栄養などのメモ
ししとうが辛いのはなぜ?保存方法や食べ方、作り置きのメモ
人参の葉の食べ方や保存法、栄養・効能のメモ
栗の保存と皮むき、食べ方や栄養のメモ、栗三昧で秋を満喫!
じゃがいもの保存が大量!!の時のために、保存する期間や場所のメモ
大根おろしが辛い~!!のと、しぼる加減の???と楽々グッズ
タラの芽(たらの芽)の下ごしらえ、レシピ、栄養のメモ
グリーンピースとうすいえんどうの違い・苦手でもOKレシピと栄養
チョコレートを食べる量25gはどのくらい?カカオポリフェノール量は
ちこり村のアクセス お土産の試食が美味しくて通販のチェック!
つくし採りのシーズンと食べ方・栄養・効能のメモ
あさりの砂抜きと保存、レシピのメモ

Menu

HOME

TOP