プレーンヨーグルトの美味しい食べ方 極簡単レシピで冷凍スイーツ


プレーンヨーグルトの冷凍スイーツが我が家でブーム中。
暑い日が続くので、甘すぎずさっぱりとした食べやすさが
毎日でも食べたくなる理由。
簡単ヘルシーおやつで夏負け対策にもお役立ちです。

プレーンヨーグルトの美味しい食べ方

プレーンヨーグルトのちょい足しは色々参考になります。

+ジャム
+フルーツソース
+ドライフルーツ
+オリーブオイル・ハチミツ・ブラックペッパー
+胚芽付はとむぎ・メープルシロップ
+冷凍して粉砕したオレオ
+はちみつレモン
+メープルシロップ・きな粉
+マンゴー
+もも
etc.

…それでも面倒になって、飲むヨーグルトに走っていたこの頃。
暑いことも相まって、冷凍プレーンヨーグルトとパウチ型のかき氷シロップの
名コンビに出会いました。

プレーンヨーグルトを冷凍して極簡単レシピ

プレーンヨーグルトの冷凍スイーツレシピといっても、
おこがましいのですがちゃっかりご紹介です。

ティーカップや小さめのスープカップ、グラスなどに、
プレーンヨーグルトをよそって、
パウチ型のかき氷シロップを上部にかぶせるくらいの要領でかけます。
程よく沈み込むので、混ぜなくても大丈夫。
移してかけて冷凍庫に放り込むだけなので、
数人分も苦もなく続けられる作業です。

個人個人のお好みで調整すれば良いのですが、
食べるときに味をみてからでも十分。

量にもよりますが、食べたい時間の2・3時間前くらいに
冷凍庫に入れればOKです。

パウチ型のかき氷シロップは要領が少なめですが、
フルーツソースやドリンクのフレーバーシロップのように
美味しくて、バリエーションが多いので飽きません。

ヨーグルトによってアイスクリームに近かったり、
シャーベットに近かったりの変化も楽しめます。

何よりも超簡単!!で美味しいのが嬉しいです♪


プレーンヨーグルトは冷凍しても健康食?

プレーンヨーグルトの栄養は、

発酵によって牛乳より吸収されやすい
良質のたんぱく質やカルシウム、ビタミン、ミネラルが
身体の骨などを作る優秀な役割を担います。

腸内環境を整えてくれる乳酸菌には、

便秘対策、免疫力強化、
花粉症やアトピー性皮膚炎の改善、
肌荒れ防止、
血糖値やコレステロール値上昇を抑える、

などの大きな働きを期待し摂取します。

冷凍した場合、温め直したりしなければ、
たんぱく質やカルシウム、ビタミン、ミネラルの変質も損失もなく大丈夫。

0℃以下での乳酸菌は活動休止状態となって、増殖、死滅することもなく大丈夫。
乳酸菌は死滅しても腸内の善玉菌の餌となりデメリットにはならないそう。

乳酸菌が生きて腸内に届いても留まるわけではないので、
ヨーグルトを毎日せっせと美味しく食べるのは大正解ということになります。

効果効能はヨーグルトに入っている乳酸菌の種類によって異なるので、
色々な種類を食べていくのが良さそうです。

おわりに

実はパウチのジュースだと思いこんで大量購入したかき氷シロップ。
かき氷は苦手一家なので頭をかかえていたのですが…。
こんなにヒットしリピートまでしようとは!
大当たりでめでたしめでたしです♪

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

すももの皮のむき方と栄養とレシピのメモ
栗の保存と皮むき、食べ方や栄養のメモ、栗三昧で秋を満喫!
人参の葉の食べ方や保存法、栄養・効能のメモ
グリーンピースとうすいえんどうの違い・苦手でもOKレシピと栄養
NHKあさイチのハイカカオチョコレート代謝効果いつ食べるんだっけ?
ししとうが辛いのはなぜ?保存方法や食べ方、作り置きのメモ
たけのこのあく抜き、保存、栄養のメモ
チョコレートを食べる量25gはどのくらい?カカオポリフェノール量は
お弁当を腐らせない調理方法・保冷と保温・便利グッズのメモ
じゃがいもの保存が大量!!の時のために、保存する期間や場所のメモ
トルネードポテトを手作り!100均カッターはパーティー メニュー向き
人参が大量にあるときの保存方法 長持させて栄養ばっちり消費レシピ
あさりの砂抜きと保存、レシピのメモ
七変化!!マシュマロ手作りレシピ面白い!!で美肌も期待?
ふきのとうのアク抜きや下ごしらえ、食べ方、栄養・効能 メモ

Menu

HOME

TOP