ハンドスピナー工作 ベアリングとプラスチックコップで作るなら

ハンドスピナーの工作、ベアリングがあったら、
色々な材料でチャレンジし放題。
思い立ったらスグできる簡単工作が
楽しめます。

ハンドスピナー工作 ベアリングがあったら

我が家に何かの景品だったハンドスピナーがあったのですが、
回転があまり良くなくて子どもが分解して
ベアリングを取り出しました。

ベアリングの回転を良くするためには、
工場では灯油で洗いながら最終微調整するそうですが…。

ベアリングは釣りや自転車パーツなど、
趣味の道具の部品で回転をあげる工夫をしたい
要求がたくさんあるようで、
一般 個人的にも、灯油で洗うみたいです。
ライターのオイルで代用して洗う方も。

…家には灯油やオイルが見当たらなくダメもとで、
自転車のブレーキやサビ落としに使うスプレーがあったので、
それを大めにかけてみました。

洗面所でしっかり集中噴射してみました。
幾分 軽やかに回るようになった感じに・・・
ちょっとウキウキ♪

ベアリングってな~んだ?

ハンドスピナーを手にしたことによって、
そもそもベアリング自体がとても面白いものだと気づいたりします。

ある面に置かれている物を動かそうとするとき、
面と物の間で生まれる動きを邪魔する力、摩擦がおこります。

普通にすべらせて動かす“すべり接触”では、
大きな面どうしが接して起こす摩擦は大きく、
動かすために必要な力は大きい。

丸い転がる物を並べた上で動かす“ころがり接触”では、
小さな面で接するため摩擦は小さく、
動かす力は小さくてすむ。

この違いから、
摩擦をできるだけ抑えてスムーズに動くように働く物、
ベアリング(軸受)が発展してきたとのこと。

おもに“すべり軸受”“ころがり軸受”に分けられるうえ、
ボールねじリニアガイドなどの回転でなく
まっすぐに動かすものまで発展しており、
使用の広がりが果てしないです。

ベアリングの歴史をさかのぼれば、
紀元前の古代で建造物作りや、
日本でも古墳を作るための大きな石を運んだりしていた
“修羅”というものがあったり、
画家のレオナルドダヴィンチは、科学や工学にも長けていて
“ボールベアリング”のデッサンを残しているそう。

時代を経て発展をとげ、

大きさも様々。

使用されているものは、膨大。

ベアリングが関与しているトライボロジー
(摩擦や摩耗、焼きつきなどの減少を抑える技術)の
研究は産業を発展させ、
省エネ、節約などに欠かせないものと知りました。

こんなにも日常に溢れ、役立っていると知らず
生活していた事を反省してしまう程です。

興味から自然と知識も広がりました。
学校図書から子どもが借りてきた本は、
簡単理解にお役立ちでした↓↓↓

ベアリングの作られ方の部分も面白いです。
もし、自作するなら参考になりそうです。

ハンドスピナー工作 ベアリングとプラスチックコップで作る①

ベアリングが有りせっかくなので、お試しハンドスピナー作りです。
買ってきたばかりのプラスチックコップが
ちょうどよく材料になりました。

≪材料≫
ベアリング
プラスチックコップ 2個
おはじき 3個
ストロー
梱包用の透明テープ
キラキラテープ
ビニルテープ
透明の接着剤かグルーガン

≪作り方≫
プラスチックコップ2個の底を切り抜きます。
一つは数ミリ高さを残しておきます。

切り抜いた底部分の真ん中に、ベアリングが入る大きさの穴を切り抜きます。

高さのある方のプラスチックコップの底に
均等になるようおはじきを3個貼り、
残ったプラスチックコップの底で蓋をするように
貼り合わせます。

周りを梱包用の透明テープで囲み、
キラキラテープで飾ります。

ビニルテープを何重か巻き付けて
余分な部分をカットしたベアリングを
プラスチックコップの底にはめ込みます。

ストローを短く切って切り込みを入れ、
2本ほど重ねたものをベアリングの中心に差し込み、
ストローの両端をグルーガンで軽く塞ぎます。
(本来はしっかり接着した方がよく回転しますが、
何分にも飽きが早いと思われるため、
次にも使用できるようにはめ込み型にしました。)


ハンドスピナー工作 ベアリングとプラスチックコップで作る②

プラスチックコップの底を使ったら、
余ってしまった部分も使用。

≪材料≫
ベアリング
プラスチックコップ 
ワイヤー 
ストロー
梱包用の透明テープ
キラキラテープ
ビニルテープ
透明の接着剤かグルーガン

≪作り方≫
プラスチックコップの飲み口部分を
カッターなどで切り取ります。

中心にベアリングが入るスペースを取って、
三本のストローを飲み口の円の中に均等に設置して、
グルーガンなどで接着します。

外周のストロー接着部分を梱包用の透明テープで
補強し、さらにその部分にワイヤーを巻き付けます。

キラキラテープで飾ります。

ビニルテープを何重か巻き付けて
余分な部分をカットしたベアリングを
プラスチックコップの円の中央にはめ込み接着します。

ストローを短く切って切り込みを入れ、
2本ほど重ねたものをベアリングの中心に差し込み、
ストローの両端をグルーガンで軽く塞ぎます。

おわりに

ベアリングは、百均のヨーヨーからも
市販のベアリングからも取り出せます。

色々な性能の良いベアリング、大きさも値段も
選んで簡単購入もできます。

コチラの記事もどうぞ ⇒ハンドスピナーの簡単な作り方!遊べる工作
 子どもと一緒に試行錯誤

ベアリングはハンドスピナー以外の工作でも
たくさん面白いモノができそうと夢いっぱいの子ども。

この興味は子どものどんな先へとつながるかなと
親的には別系統で夢みてしまいます。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

簡単DIY・ドアの取っ手をチェンジ!!自分できるプチリフォーム
節分の折り紙がかわいい!子供とクラフトで飾りつけ、楽しく過ごそう
自由研究のネタに…珍しい?虫 ヒラズゲンセイの生態いかがでしょう? 
幸福学の子育てや子どもに届く言葉かけの参考になる絵本がいっぱい♪
子供の留守番は何歳なら?防犯から考えるルール
リフォームで窓をプラスしたい!効果いろいろ!DIYも
受験生の親になると気になる、応援する言葉とか息抜きのこと
こどものズボンの破れはひっきりなし…簡単な直し方であとちょっと!
法事の料理の意味を心に、無理のない金額と宅配で気後れなし
パッケージがかわいいとか面白いとか お菓子のプチプレゼント選びに
手荒れの指先への対策や体質改善、とりあえず習慣化してみよう!メモ
子供の姿勢を机で練習、正しい姿勢は勉強デキルの始まりかも?
水やりをペットボトルと100円ショップ活用、自動水やりも手作りで
スタッドレスタイヤの購入や交換の時期と保管の話、教えてもらった事
ホームパーティーのおしゃれグッズ ケーキスタンド3段で気分アップ

Menu

HOME

TOP