七夕の短冊の作り方とそうめんのレシピ、飾りたい花などなど☆

七夕の行事に欠かせない短冊とこより。
ティッシュから、簡単オリジナルに、作れてしまいます。
雨の多い季節にでも、前もって子どもに手作りしてもらうと、
準備も兼ねて楽しく過ごせます。

こちらの記事もどうぞ⇒七夕ってなにかな?

七夕の短冊の作り方

①ティッシュペーパーを破りやすい方向に4等分にして、1枚ずつに分けて8枚にします。

②4枚を縦半分に折っておきます。残り4枚はねじってこよりにして、トレーに並べます。

③短冊もこよりにも、水性ペンで好みの色をつけます。

④500mlのペットボトル半分くらいの水に、キャップ5杯分くらいの洗濯糊をとかし、
 色つきティッシュペーパーにキャップで少量ずつふりかけます。

⑤トレーを斜めに傾けて、余分な水分を流します。角にキッチンペーパーなどを置いておくと、しっかり水分をきることができます。

⑥トレーのままお日様に当てて乾燥させておきます。

⑥乾いたら、短冊に穴を小さく開けてこよりを通します。


七夕のそうめんレシピ

七夕の料理というと、そうめんやゼリーなどがあげられますので。
我が家流で、七夕のレシピを用意・・・っといっても、
そうめんなのであっという間のお手軽メニューです^^

小分けにしたそうめんを大皿にもって、周りをスプラウトで飾ります。

錦糸卵を両端に、中央にかにかまぼこときざみ海苔で川を作り、星型の麩をちらします。

織姫(ウズラ卵の茹でた顔にゴマの目と海苔の髪、トマトの髪飾り・・・爪楊枝で合体・・・水煮ヤングコーンにゆで人参の着物、オクラの輪切りで帯)

彦星(ウズラ卵の茹でた顔にゴマの目と海苔の髪・・・爪楊枝で合体・・・水煮ヤングコーンにキュウリとオオクラの着物)

個々にめんつゆを添えます。

七夕の花

アサガオ・・・別名・牽牛花(けんぎゅうか)

昔、中国で、ある農夫がアサガオのタネを服用して病気が治ったので、自分の水牛を連れてアサガオのある田んぼにお礼を言いに行ったことから、
「牽牛花」と呼ばれるようになったとか。

江戸時代には、七夕の頃に咲くこともあり、花が咲いたアサガオは「彦星(=牽牛星)」と「織姫星」が年に一度出会えたことを現しているとして、
縁起の良いモノということなのだそう。

エピソードがあると、見慣れたアサガオも親しみ度が違いますね。
特別な七夕アレンジで飾りつけをしてみるのも、楽しそうです。

まとめ

 簡単なので、大人の出番も少なくできてしまうかと思います。

実は、お家にあるもので、お助かり度の高いラクチンな作業でお楽しみな時間が過ごせてしまいす☆

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

明治村は紅葉もライトアップもクリスマスも雰囲気しっとりクラシカル
父の日に喜ばれたプレゼント!アイディア・手作りプレゼントをメモ
クリスマスのプレゼント交換は曲にする?くじにする?その他の方法?
形原温泉 あじさいの里の見頃や駐車場、あじさい祭りと寄り道♪
松平郷 高月院は花の名所、あじさいの頃のお出かけ状況アクセスなど
五条川の桜祭り、岩倉・大口町のお花見は屋台ぎっしり賑やか楽し♪
クリスマスの飾り付けの部屋は100均や手作りでお金をかけなくても☆
ふじの回廊 愛知県豊田市の藤まつり 開花時期や周辺観光スポットは
あしかがフラワーパークの大藤、名所日本一の見頃やアクセス、夢世界
七五三の衣装 男の子の着物やスーツを選ぶ基準や準備の色々
noimage
ハロウィンの帽子100均にうっとり~、グッズも飾り付けもプチプライス
花火大会の選び方、大迫力・三尺玉って?見られるところをチェック
お月見の時期だからこそ絵本、本、写真が響く
ハロウィンは子供と手作りを楽しむ!光る杖や魔女のホウキの作り方

Menu

HOME

TOP