たけのこのあく抜き、保存、栄養のメモ


田舎では、タケノコ採りに大忙しの様です。

見つけるのが上手!ってちょっと自慢。

埋まって見えないくらいのものが美味しいそうで、まるで、

臭覚でかぎつけてる?っていうくらいの感覚らしいです。

たけのこのあく抜き

生タケノコ1~2本

●米ぬか(一握り)+唐辛子(1~2本)

● 米のとぎ汁+唐辛子(1~2本)

●重曹(小さじ1)+唐辛子(1~2本)

●米ぬか(一握り)+重曹(小さじ)+唐辛子(1~2本)

●お米を大さじ3杯+唐辛子(1~2本)

※上記のパターンで、家にあるものであく抜きできます。重曹はあくがしっかり抜け、米ぬかは風味が良いかと。

①皮を2・3枚はがして、穂先を斜めに切り落とし、縦に深めに1本切れ目を入れる。

②鍋にたけのこ、つかるように水、米ぬか、唐辛子を入れて沸騰させる。

③沸騰したら、落し蓋をして弱火で1時間ほどゆでて、そのまま冷ます。

④冷めたら皮をむき、タッパーなどに水につけて一晩おく。

※皮を全部むき、ふたつ割にして圧力鍋で15分加熱、そのまま放置後、水で洗って調理にとりかかる!もあります。


たけのこ 保存

“瓶詰”

①アク抜きしたたけのこを、瓶に詰めやすい大きさに切る。

②瓶に詰めて、いっぱいになるまで水を入れて、ふたを軽く締める。

③瓶が半分~肩までつかるくらいのお湯に入れ沸騰してから30分煮る。

④蓋をしっかりと閉めて、瓶全体がお湯につかるようにして更に30分煮る。

⑤取り出し、逆さにして自然冷却。

開封しなければ1年程度、開けるときは、蓋に穴をあけると開けやすい。

“冷凍”

アク抜きしたたけのこを、

薄くスライス、千切り、など細かくし、

水気をとってフリーザーバッグに入れて保存。

そのまま炒め物やたけのこご飯、汁物の具などに。

たけのこの 栄養

豊富な食物繊維が、便秘解消や、血糖値上昇の抑制、コレステロールの吸収を妨げ体外に排出する働き。

カリウムは身体の水分バランスを整えナトリウムを排出する。

チロシンは、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の原料になり、やる気や集中力のアップを促す。

おわりに

レシピも美味しさも万能な食材だけに、長く保存して楽しみたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ししとうが辛いのはなぜ?保存方法や食べ方、作り置きのメモ
新米ママへ手土産・差し入れで応援・励ましの気持ちをお届けできる?
トルネードポテトを手作り!100均カッターはパーティー メニュー向き
七変化!!マシュマロ手作りレシピ面白い!!で美肌も期待?
すももの皮のむき方と栄養とレシピのメモ
つくおきが難しくても続かなくても、時短したい簡単にしたい料理手間
タラの芽(たらの芽)の下ごしらえ、レシピ、栄養のメモ
あさりの砂抜きと保存、レシピのメモ
大根おろしが辛い~!!のと、しぼる加減の???と楽々グッズ
人参の葉の食べ方や保存法、栄養・効能のメモ
はちみつの容器のベタベタやたれないように使いたい~プチプレゼント
つくし採りのシーズンと食べ方・栄養・効能のメモ
つわぶきの皮むきとアク抜きの方法・食べ方のあれこれ
ふきのとうのアク抜きや下ごしらえ、食べ方、栄養・効能 メモ
じゃがいもの保存が大量!!の時のために、保存する期間や場所のメモ

Menu

HOME

TOP