アオリイカをエギングで釣る?時期と時間やポイントを愛知で探す


美味しさ抜群のアオリイカを、エギングで釣るのが人気の様子。
敷居が高くなく、初心者がチャレンジしても楽しいようだということで♪

アオリイカをエギングで釣るって?

エギングとは、日本の昔からある餌木(えぎ)という漁具を使った釣りの方法を
ルアーフィッシングのように進化させたものです。
エギをまるで生きているように海底で動かして、手ごたえある釣りを楽しむことができます。

アオリイカ
は、日本の北海道南部より南の各地の沿岸部に生息していて、
身近な釣り場からもトライでき、美味しさも面白さも非常に満足度の高い獲物の一つです。

人気の理由は、初心者でも玄人でも魅了されることにもあるようです。

エギングの釣り方のテクニックとして、
“シャクリ”“ジャーク”があります。
シャクリとは、エビが飛び跳ねる様子を真似てしゃくるように動かすことで、
ジャークとはスライドさせるような横動きのことです。
その2種類の動きを組み合わせてイカの興味を煽り、
食いついたところでエギに引っ掛けて釣ります。

釣り道具と仕掛けは

ロッド(竿)・・・8フィート(約2.4㍍)前後のものが軽くて使いやすい。
(長いロッドは遠くに飛ばしやすいがコントロールが上手くいかず、
短いロッドはコントロールはしやすいが、遠くに飛ばしにくい。)

リール・・・少し小さめが良い。
ロッドを動かし続ける必要があるので軽いものがベター。

リーダー・・・リールに付いている道糸(メインライン)とエギを結んで
仕掛けを作る糸のこと。
リールについているメインラインはナイロン製で軽く、水に浮きやすい特性があり、
エギを海底に沈めるため、リーダーという糸をエギに付け、リールからのメインラインと結ぶ。

エギ・・・<大きさ>秋に狙うなら2~3.5号、春は3〜4号、 
3.5号なら1年中対応。
<色>アピール度という区別をし、ピンク、オレンジ系はアピール度が高い、
オリーブ、ダークレッドなどがアピール度が低い。

イカはお腹の空いている時アピール度の高いエギを好み、
空いていない時はアピール度の低いエギに反応が良い。
中間として、青色のナチュラル系がある。

その他の準備は

餌木専用ケース
イカ締めピック
小型クーラー
ビニール袋
ギャフ(獲物を引っかけて取り込む道具。タモ網でも)
ペンチ
ブラシ(汚れおとしなどに)
手袋
タオル

偏光グラス
フィッシングブーツ
ライフジャケット

椅子

アオリイカを釣る時期と時間は・・・?

アオリイカは3月〜11月まで釣れます。
寿命が1年で、に浅瀬の藻場(水深10数メートルのガラモ、アマモ、コンブなどの海藻の生い茂った比較的波の穏やかな場所)にやってきて産卵をします。
産卵しに来るものは、成長した大きめものが期待でき、腕のみせどころとなります。
からは、夏に孵化した新子と呼ばれる小さめのものが多く、初心者にも釣りやすいです。

潮目は、流れがある時がよく取れるとき。
満潮時、干潮時の前後30分 潮が中潮であれば1日中釣れる日もあるようです。


アオリイカのポイント、愛知なら?

アオリイカをねらうポイントは、藻場やテトラポットの近くなど。
墨跡が岸壁やテトラポットに残っている場所(釣れた時に墨を吐くため釣果があった証拠)。
鯵のサビキ釣りで釣果の上がっている釣り人の近く(餌となる小型の鯵がいるため)。
※サビキ釣りのじゃまにならないよう配慮が必要です。

View アオリイカ in a full screen map

おわりに

まずはトライ、学びながら、新鮮なご馳走にありつけるように腕磨きです♪

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

箕輪町赤そばの里の周辺観光スポット、子どもと自然満喫リフレッシュ
ゆのくにの森の体験!世代の境無く遊ぶ伝統工芸村、石川県へ
黄金色の町、祖父江町の銀杏祭り・ライトアップ2015・駐車場のメモ
竹馬の作り方、竹ぽっくりの遊び方、のちょこっとメモ
浜松の遊びは体験スポットだらけ!!子どもから大人まで経験値アップ①
バーベキューの炭火の起こし方 、消し方、レシピのメモ
雪遊びをキッズやファミリーで楽しもう!愛知周辺で探すなら・・・
愛知の海水浴場でバーベキュー!!子供と一緒・常滑で楽しむ
西尾市ふれあい広場 ホワイトウェイブ21のプールの休日
一輪車の乗り方のコツや練習の方法、練習場所でやる気アップに?
水遊びと子どもの関係は?お家で、おもちゃで、季節を感じよう!
スキー初心者家族揃ってお出かけ!車はノーマルタイヤの日常だけど?
小幡緑地の東園 遊具近くの駐車場は?メタアセコイア広場の紅葉は?
子供浴衣は兵児帯のアレンジを!ヘアアクセサリーとバッグも一工夫
釣りの初心者でも子供と楽しめるサビキ、ファミリーでチャレンジ

Menu

HOME

TOP